レクターくん

キャットショーに行ってきました。
ファイル残って、猫のおもちゃとか、猫ベッドなどをいただき、ラッキーでした。
夜は皆と焼き肉に行き、日曜日はたこ焼きとイカ焼きを食べ、満足満足。
次はいつショーに行けるかなあ~

c0105086_8264817.jpg

レクター「僕、疲れたよ。」

***********

さて、チップの子をエントリーしましたが、カラーの重要性、そしてシルバータビーの毛色、毛質、納得のいくものにする難しさを再認識。
子猫が複数いて、短所、長所がそれぞれにある場合が殆どなので、カラー&目色を取るべきか、タイプを取るべきか非常に悩んでしまう。  今回は、どちらかというとタイプを優先してレクター(トップショーではない)を残してみたのですが、カラーは家ではそんなに薄く見えない色でも、広いショー会場で見ると、薄いカラー……。目色もヘーゼルなので間違ってないないのだけど、グリーンの目色の子に比べるとインパクトがかなり低い。  
ブリーダーさん達が自信を持って連れてきている子達との比較と考えると、やはり見た目にハッキリわかる「カラー」や「目色」は重要になってくる・・・。 ほんのちょっとの差が運命を隔てるといっても過言ではない。 
これじゃいけないと思うけれど、急には無理!(笑)

チップを迎えて、代替わりをしている我が家はスタートからのやり直しをしているようなもの。
新しい組合せで、ボディ、タイプ&カラー全てに納得のいくシルバータビーが完成するのはいつだろう?  
ゆっくりとじっくりと考えながら頑張りたいと思います。

[PR]
by sanxcat | 2007-10-22 08:26 | kittens